大根とお酢を使った万能ダレで動脈硬化対策!

食べ物

大根に含まれるイソチアネートが血管を硬くするのを予防!

大根にはイソチアネートという成分が含まれています。

大根をすりおろした大根おろしを食べると辛いですよね。その辛み成分がイソチアネートです。

イソチアネートには、血管の収縮を緩和する作用があるので血管が硬くなるのを予防する働きに期待が出来ます。

大根に含まれているイソチアネートは他の野菜と比べても圧倒的に多く含まれています。

一緒にお酢も摂取するとコレステロールを分解

血管を硬くしたり、血液を通りにくくしてしまう動脈硬化の原因と言われているのがコレステロールです。

血液中のコレステロールを分解してくれるのに役立つのがお酢です。大根とお酢を一緒に摂ることで動脈硬化予防効果がアップするんです。

大根とお酢を使った万能ダレの作り方

【材料】

  • 大根 200g
  • ニンニク 1かけ
  • しょうが 10g
  • ゴマ油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ5
  • 醤油 大さじ4
  • お酢 大さじ6

【作り方】

  1. 大根は皮をむかないで細かくみじん切りしてボールに入れます。
  2. そこに、ニンニク、生姜、ごま油、砂糖、醤油、お酢を入れてしっかり混ぜたら完成!

冷蔵庫で5日程度保存できます。
シャブシャブにかけたり、冷奴にかけたり、サラダうどんにかけて食べると美味しいです。