抗酸化力の高いお茶の効果や美味しい飲み方

日本の伝統の飲み物日本茶にはポリフェノールの種類であるカテキンが豊富に含まれています。抗酸化力が高いカテキンには私たちの体を健康にしてくれる良い働きがあり期待されています。

その健康効果の期待は、
・発がん物質を抑えガン予防
・抗菌作用・殺菌作用
・血圧の上昇を抑える
・脂肪の吸収を抑える働きも
・善玉コレストロール(HDL)増やし動脈硬化を予防。

など、様々な効果に期待がされています。

そんなお茶を飲むなら美味しく毎日いただきたいですよね。そこで美味しいお茶の飲み方を紹介します。

まず、お茶が美味しい季節と言えば栄養価も高いと言われている新茶の季節、4月中旬から5月中旬と言われています。ですが、どの種類のお茶もそうとは言えないのです。

実は、抹茶が美味しく飲めるのは秋で、抹茶の旬は秋と言われているんだそうです。抹茶は5月に収穫されると、秋までの5か月間冷蔵庫で低温保管しながら熟成させます。

実は、お茶は日光をたっぷり浴びて育つとお茶の成分タンニンが増えてしまいます。このタンニンがお茶の渋味を出している成分なんです。

それを防ぐ為に、玉露などは黒い覆いを被せて太陽の日が当たらないようにして栽培しているんです。

そうすることでお茶のうまみ成分が「テアニン」が増え、渋みのもとになるタンニンの増加を防ぐことができるのです。

さらに、5か月ほど熟成させることでうま味成分が増加するんだそうです。

また、皆さんお茶を入れる時は急須で入れていますよね。その時、急須の蓋に穴が開いていますが、その穴の位置を気にしたことはありますか?

実は、自宅で美味しいお茶を入れるには、その急須の蓋に空いている穴の位置がポイントなんでだそうです!急須の蓋の穴の位置を間違えてお茶を入れると、お茶の味を台無しにしてしまうことになっているかもしれません。

美味しいお茶を入れるには、急須の蓋の穴の位置を注ぎ口の近くである前の位置に穴を持ってきてお茶を入れましょう。

そうする事でお茶を注ぐ際に、穴から空気が入り茶葉をかき混ぜる効果があるのでお茶の味が出た美味しいお茶を飲むことができるんだそうです。

飲み比べると、そのおいしさの違いがわかります。ためしてみてください。