たまねぎに含まれるケルセチンが血管をしなやかに!

たまねぎは近年、健康効果に医学界でも注目されている野菜の一つです。その理由はたまねぎに含まれているケルセチンです。ケルセチンを継続して摂取することで血管をしなやかにする働きがある事が報告されています。血管年齢が10~20歳若返るという説もあるんです。

血管年齢とは
血管は年齢を重ねると硬くなってしまいます。血管年齢とは、何歳くらいの硬さなのかを表した数値のこと。

血管は、血管の一酸化窒素が血管をしなやかに拡張する働きをしています。ですが、ストレスがかかってしまったり活性酸素が発生してしまうと、血管を広げている一酸化窒素の働きが弱まってしまうのです。

そこで、たまねぎに含まれるケルセチンを摂ると、ケルセチンの抗酸化作用が活性酸素を抑えてくれる働きをします。それによって一酸化窒素の働きが元に戻り血管をしなやかに保つ事ができるのです。その、ケルセチンは色んな食材の中でもたまねぎに一番多く含まれているのです。

ケルセチンを効果的に摂取する方法

たまねぎを1週間以上あたると、ケルセチンの量が40mg~140mgと、約4倍近く増える事がわかっています。

たまねぎの皮をむくと、緑色になっている部分がありますよね。そこにケルセチンが多く含まれています。ですので、皮をむいた状態で、1週間ぐらい日光にあてるとケルセチンが増加します。

また、玉ねぎは辛いからと言って切ってから水にさらしますが、ケルセチンは水溶性なので水に溶け出してしまいます。ですので、切った後水にさらしたりしない方が効果的に栄養を摂取することができます。

一番おすすめのたまねぎの調理方法は、油で調理して溶け出さないようするのがおすすめ!オニオンリングなどはおすすめです。