バナナには塩分を排出するカリウムが豊富

血液がドロドロになると血液が詰まりやすくなり最悪は脳卒中を発症させてしまうリスクが高くなります。

また、塩分を多く摂ると水分を蓄え血液の量が増え血管が膨らみ圧力がかかるようになり血管にダメージをあたえてしまいます。カリウムは、塩分を体内から排出する働きをしてくれます。

バナナにはそのカリウムが豊富に含まれており、とても手軽に摂取できます。

心臓の働きを活発にする副交感神経が働きだします。そのため、1日の中で最も血圧が高くなる時。その朝にバナナを食べるのがおすすめ!

■効果的なバナナの食べ方
バナナは食べ方によって含まれている栄養を効率良く摂取することができます。

生で食べるとビタミンを損なわないで摂取できます。

乾燥させたバナナチップにすると栄養が凝縮されるのでカリウムを効率良く摂取できます。

冷凍すると抗酸化物質ポリフェノールが高まるという研究があります。

レンジなどで温めて食べると腸に良いオリゴ糖がアップします。

■糖には、ブドウ糖、果糖、ショ糖があります。
血糖値の上昇に影響が出にくいのが果糖です。果糖の構造は複雑で食べた直ぐ後に血液に行かいので血糖値の上昇にあまり影響しないと言われています。

ですが、ショ糖は急激に血糖値を上昇させる糖になります。黄色いバナナはこのショ糖が多いのですが、皮に黒い斑点がでて黒いバナナになるとショ糖が少なくなり果糖が多くなります。

さらに、酵素の量が多くなります。黒い斑点が増えるにつれて酵素の量も多くなります。

■トリプトファンが豊富
バナナにはトリプトファンが豊富に含まれていて、脳内の幸せホルモンセロトニンを増やしリラックス効果をもたらします。

トリプトファンは、セロトニンを作る大切な材料になります。ところがトリプトファンは体内では作る事が出来ません。食べ物摂取する必要があります。

それだけではありません。セロトニンを作るには、トリプトファンのほかにビタミンB6、炭水化物の栄養素が必要になります。バナナにはこの3つの栄養素も含まれているんです。

グルコマンナンは急激な血糖値の上昇を抑える

グルコマンナンには、食べ物の消化・吸収を遅らせる働きもあると言われています。

その為、血糖値の急激な上昇を抑える働きにも期待されています。

血糖値の急激な上昇は太りやすくすると言われています。

血糖値の上昇と肥満の関係を簡単に説明すると、私たちが食事をすると、血糖値が上昇します。

私達のカラダは正常な一定の範囲内の数値を保つために、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されるようになっています。

すると、インシュリンは糖質を各細胞に届けて、エネルギーにかえて消費させるように働きます。

そのはたらきによって血糖値が徐々に下がり一定の数値に保たれるのです。

ですが、一度にたくさんの糖質を摂取したりすると、各細胞に糖質を届けても残ってしまいます。

その残った糖質はインシュリンの働きより、脂肪細胞に運ばれてしまい肥満の原因となってしまうのです。

つまり、インシュリンが急激に、かつ大量に分泌され脂肪細胞に運ばれ、その結果太ってしまうことになると考えられているのです。

太らないためには、インシュリンの分泌量を少なくすることが重要なんですね。それには「血糖値を急に上昇させないこと」が大切なのです。

そこでグルコマンナンを活用すると、グルコマンナンは食物繊維なので、食べ物に含まれている糖を包み込んでカラダの外に排出する働きをし、過剰なエネルギーの摂取を抑えたり、糖の消化・吸収を遅らせ、食事をした後の血糖値の急上昇を抑えられると言われているのです。

しかも、余分なコレステロールや胆汁酸を体の外に排出する働きも期待されています。つまり、コレステロールを減らす効果も期待できるのです。

グルコマンナンはこんにゃくに含まれています。ご飯のおかずにこんにゃくを使って調理するといいですね。

デットクスのための半身浴は効果がない!?

体内のデットクス効果を求めて半身浴を行っている方も多いかと思います。

半身浴は本当に効果があるのか?こんな疑問を感じた方もいるのではないでしょうか。この件について紹介します。

名医20人が健康法を判断する『ザ・ドクタージャッジ』と番組で、2000人を超えるひとに普段行っている健康法のアンケートをとり、専門の医師がその健康法に効果があるのがジャッジを行いました。その一つが、デットクスの為の半身浴についてです。

内科医で温泉療法専門医としても有名な早坂信哉先生がTV番組で「半身浴をすると汗が出てデットクスこうかがあると言われているが、汗は水分なので半身浴をしても毒素はでない。入浴することでのデットクスに関する効果と言われれば他にあり、全身浴することで心臓に水圧がかかり利尿ホルモンが出て尿を出すことで毒素が出ることはあるが汗が出る事でのデットクス効果は無い。」と話していました。

他のドクターも同様の見解で、毛穴に詰まっている老廃物は出るかもしれないが、汗で体内の毒素が出るわけがない。との事でした。

ちなみに、ホットヨガをして老廃物を出すと言うのもイメージの世界での事で汗を出してもデットクス効果は無いそうです。

ですが、皮膚科の先生の話によると、毛穴にある皮脂腺には有害金属などが詰まっていて半身浴する事でその有害金属が排出されるという報告はあるそうです。

高血圧の食事療法とは

通常は、病院で医師や管理栄養士から高血圧の食事療法の指導を受けて、食生活の改善に取り組みます。塩分制限やカロリー制限が中心になりますが、肥満解消やメタボ解消など高血圧の原因となる体重をコントロールする目的があります。

高血圧と診断され降圧剤を飲み始めて血圧は安定していますが1年経っても、2年経っても薬を辞められない日々が続きました。毎月のように診察費と薬代が1万円ほど掛かかる上に薬による副作用の心配もあります。また薬を飲んでいるからと言って、脳卒中や心筋梗塞など合併症の危険が回避できる訳でもありません。

薬を飲まなくても血圧値が正常な状態を維持できる健康な体になることが大切です。多くの高血圧患者が、薬を辞めることを望んでいるにもかかわらず・・・いつまでも降圧剤を飲み続けているのは何故でしょうか?

体に悪い生活習慣が原因で、血圧が高くなる体質に変わってしまったのが高血圧症です。体内に血圧を高くする原因があるのに薬で血圧を下げても高血圧を治療できません。薬を辞めれば、元の高血圧に戻ってしまいます。

高血圧を治療するためには、血圧を高くする原因を取り除くことが必要ですが、体に良くない生活習慣が続いたために複数の原因が重なっている場合がほとんどです。極論を言えば、医者でも高血圧の原因を特定することは困難です。だから病院では、薬を処方するだけで、生活習慣の改善は患者個々に任されます。

ところが患者本人が努力を怠ってしまう為に、高血圧患者は一向に減りません。高血圧予備軍を含めば既に4,000万人とも5,000万人とも言われ毎年増加しているのが現状です。高血圧の原因は、人それぞれ違いますが、元々血圧が高かった人は居ないのですから、血圧が正常値だった頃と同じ体質に戻すことが、薬を辞める唯一の方法となります。

私も実際に高血圧食を1年間食べ続けた結果、10kgの減量に成功したものの薬を辞めるほど血圧が下がることはありませんでした。また高血圧に関する書籍を数十冊購入し、降圧作用のある成分を含んだ食品やサプリメントを試したり、高血圧に効くとい言われる食材を食べたりしましたが、全く変化はありませんでした。

その頃、テレビ番組で見たのが断食道場の話です。断食には古来より病気を治す効果が認められていて、2週間の断食をすると血圧値、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、体脂肪など様々な数値が改善されるという特集をやっていたのです。

これを見た瞬間に断食に挑戦しようと決心し、1ヵ月後に断食道場へ入門したのです。入門時に体重測定や血液検査、血糖値測定などを行い、2週間の断食が始まるのですが、減食期間・断食期間・復食期間の3つに分れています。それぞれの期間に重要な意味と目的があり実践するには専門的知識が必要なことが分りました。

断食は最初の3日間は空腹感との闘いです。しかし、4日目を過ぎると何も感じなくなります。さらに4日目あたりから血圧値も血糖値も正常になります。体は軽くなり、空腹感もなく、ぜんぜん眠くありません。眠れないので本を読むと凄いスピードで読めてしまうのです。また読んだ内容をほとんど記憶できてしまいます。感想は凄いの一言です。

水分以外は摂取してないのに1週間ほど毎日排便があります。宿便がすべて排出できました。さらに断食中は体内に溜まった毒素も汗や尿で排出されるので、汗が臭くなります。その為に清潔にするように指導されます。具体的には体を良く拭いて下着を着替えます。また、寒い季節でしたが、風呂は水風呂です。しかし風邪を引くような人は誰一人居ません。これも断食道場では当たり前だそうです。

2週間で生まれ変わった!

このように2週間の断食を終えた時に、私の体は生まれ変わっていました。血圧は正常値、血糖値も正常値、中性脂肪やコレステロールもすべて正常値です。体重は9kgも減りました。それなに体調が良くて、体が軽いのです。

ケイ素を飲むと元気になる!?

みなんさん慢性疲労で悩んでいませんか?

実は私も仕事に追われて、疲れ切っている状況が続いていました。

残業の時は、必ず栄養ドリンクを飲んでいますが、まったく効果なし!

もしかして肝臓が弱っているじゃないの?と同僚にいわれて病院に行きました。

ところが肝臓も腎臓も異常なし!健康そのものと言われました。

こんな状況のまま数年が経ち、疲れも慢性的になってしまい

寝ても寝ても疲れが取れなくなってしまいました。

そんな時にケイ素なるものを知ったのです。

体の重要な組織には、このケイ素というものがあって凄い働きをしています。

また人間の細胞の中には、ミトコンドリアなるものがエネルギーを作っています。

このミトコンドリアの活性が弱ってくるとエネルギーを作れなくなってしまうそうです。

そしてミトコンドリアは、体の中にあるケイ素なるものを食べて活性しており

ケイ素が足りなくなると活性が、どんどん悪くなります。

つまり体に蓄積しているケイ素を増やすとミトコンドリアの活性が進んで

エネルギーを作り出すから、体が元気になるという話を聞いたのです。

ならば、ということでケイ素サプリを飲んでみると見違えるように元気になったのです。

ケイ素サプリって凄いですよ!もっと詳しく知りたい人は、ケイ素とは?を参考に!

では、皆さんも慢性疲労を克服して元気になってくださいね。

生活習慣を改善して血圧が下がらない・・・なぜ?

生活習慣を改善しても血圧が下がらない原因!

どんなに生活習慣を改善しても血圧が下がりません。

毎日クスリを飲んでいるのに一向に高血圧は治りません。

いつまでクスリを飲み続けるか不安になったことはありませんか?

わたしの場合は、上が200mmhgを超える重度の高血圧と診断され合併症を起こす危険性が

高かったので強制的に血圧を下げる方法として即日から降圧剤の服用がはじまりました。

もちろん降圧剤で血圧を下げても、一時的なもので高血圧が完治する訳じゃないことは知っていました。

薬の効果で血圧をコントロールしている間に運動療法や食事療法などを行い高血圧の原因であろう

生活習慣の見直しをして血圧が上がらない健康体に改善する必要があると主治医に言われました。

降圧剤の副作用や体に与えるダメージを考えると早い時期に薬をやめるように努力しよと決心したものです。

しかし5年以上経過したのに降圧剤を止めるほど血圧は下がりませんでした。

医師の診断を受け、管理栄養士の指導を受けているのに・・・

なぜ高血圧は完治しないのでしょうか?

一般的には生活習慣を改善すれば、自然と血圧が下がると言われていますが

実際には多くの高血圧患者がダラダラと降圧剤を飲み続けているのが現状です。

そして毎年のように高血圧患者は増え続け厚生労働省の調査では800万人を超えています。

高血圧予備軍を入れれば、4000万人というデータもあるそうです。

医者に診てもらって薬を飲んでも高血圧が治療できないのが患者数が減らない原因です。

つまり治療中に自分の努力が必要なのに薬で血圧が下がるので安心してしまうのです。

多くの患者さんが薬を飲み続けているように私も5年間も飲み続けました。

さらに途中で二次性高血圧まで発症し約60日間も入院する経験までしました。

入院費は軽く200万円を超えています。保健に加入していなかっらと思うと今でもゾッとします。

こんな経験をした私が本気で高血圧治療に取り組み今では薬も必要ないほど改善することができました。

■治療で改善できる高血圧と出来ない高血圧!

あなたの高血圧は、どっちのタイプ?

治療をはじめる前に自分の高血圧のタイプを知る必要があります。

原因から見ると別の病気が影響して血圧が高くなる「二次性高血圧」と

複数の原因が重なり血圧が高くなる「本態性高血圧」があります。

もし、二次性高血圧であれば、他の病気が原因で血圧を高くしているので

病院で検査を受け原因となる病気を特定し治療を受ければ高血圧は完治します。

複数の検査があるので大変ですが、治療後は安心して健康的に過ごせます。

■やっかいな本態性高血圧

高血圧患者の8割以上が本態性高血圧と言われています。

複数の原因が重なって血圧が高くなるので的確な治療ができません。

生活習慣病と言われる理由はここにあります。

病院では降圧剤など複数の薬を処方してくれますが・・・いずれも

高血圧を治療する薬ではありません。

強制的に血圧を下げたり、血液中のコレステロールを減らしたり

尿酸や中性脂肪を抑えたり減らしたりする薬ばかりです。

つまり血圧が高くなる前の健康的な体に戻すことが本来の治療になるのです。

血圧を下げる飲み物とは?

血圧を下げる飲み物は、毎日飲めるお茶と意識して飲む特定保健用食品です。どちらも血圧を低下する働きの成分が高血圧を予防します。ここでは血圧を下げる代表的な飲み物と含まれている成分を分かりやすく解説します。

血圧を下げる方法として、食事療法やサプリメントなどがありますが、他にも、飲み物によって高血圧を予防する方法もあります。血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳などの乳製品カテキンが含まれる緑茶などのお茶類、カリウムが含まれるバナナなどの果物やトマトなどの野菜をジュースにした飲み物などがあり高血圧の予防には良い飲み物とされています。

さらに、最近の研究ではココア・コーヒーのポリフェノール・カフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきましたし、黒酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げてくれます。しかし、このような血圧を下げる飲み物は普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

飲み物に入れるだけで血圧を下げる水溶性ケイ素

水溶性ケイ素ってご存知ですか?私達のカラダの重要な部分には、必ず珪素(ケイ素)という成分が存在します。このケイ素は、コラーゲンを作り出すミネラルの一つで、血管や骨や臓器などに多く含まれています。また、髪の毛や肌にも含まれています。

特に高血圧では、動脈硬化により血管がダメージを受けボロボロになっていることが多く、ケイ素は新陳代謝を活性化し新しい血管を作り出す働きをしています。血管が生まれ変われば、血流も良くなり血圧を低下させるという仕組みで高血圧を改善します。

では、ケイ素は、どのように摂ればいいのでしょうか?

現在は、水溶性ケイ素濃縮液がサプリになって発売されています。これをお茶やコーヒー、ミネラルウォーターなど飲み物に数滴垂らすだけで摂取できるようになりました。血圧を下げる飲み物に加えるだけで効果が倍増する言われています。

血圧を下げる効果のあるお茶ベスト5

お茶の種類は沢山ありますが、高血圧に効くお茶には血圧を下げる成分が含まれています。その成分とは、カテキン、サポニン、フラボノイド、タンニン、グリコースなどです。

お茶は、水分補給に毎日飲んでいるものですから、血圧を下げるお茶にするだけで自然と高血圧対策ができるメリットがあります。それでは具体的にどんなお茶が高血圧対策におすすめなのか紹介します。

特定保健用食品ベスト5

では、どうすれば高血圧の予防に必要な量の栄養素を正確に摂取出来るかというと高血圧を予防出来るドリンクを利用すれば良いのです。と言うもの高血圧のことを考えて作られているので一度にたくさんの栄養を摂取することが出来るからです。中には、食事と一緒にこのような血圧を下げる飲み物を取り入れる人もいますし、時間や場所を問わずにいつでもすぐに飲むことが出来て便利です。サプリメントが苦手な人は、高血圧を予防出来るドリンクを飲むことによって栄養不足を補うことが可能になります。

また、昔とは違い最近販売されているドリンクは、味も美味しく飲みやすい物が、増えてきているので、毎日楽しく飲み続けることが出来ると思います。もし、毎日きちんと栄養を摂取することが出来ないと高血圧を改善するのに時間がかかってしまいます。ですから、食生活が乱れている人やサプリメントが苦手な人は、まずは、血圧を下げる飲み物から始めてみることをオススメします。中でも、飲みやすくて血圧を下げる効果が高い飲み物として人気のある今特にオススメしている飲み物をご紹介します。

血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳やカテキンが含まれる緑茶、カリウムが含まれるバナナやトマトなど果物や野菜をジュースなど血圧を下げる作用が認められた特定保健用食品などが多くのメーカーから販売されています。

最近の研究ではココアやコーヒーのポリフェノールやカフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきました。また黒酢や琉球もろみ酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げる飲み物として有名です。このような血圧を下げる飲み物を普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

高血圧におすすめの食事宅配サービスとは?

高血圧治療は食事の改善から始めるのが基本ですが、医師や管理栄養士から指導される塩分制限やカロリー制限、さらには栄養バランスなど考えると忠実に実行するのは至難の業です。外食が多い人は、特に食べるものが見つからず何を食べて良いのか悩んでいる人も少なくありません。だからといって自炊も出来ない!そんな方にお勧めなのが高血圧専用に作られた食事(弁当)宅配サービスです。

食事宅配サービスを選ぶ時のポイント
一時期に比べると食事宅配サービスを運営する会社が増えてきました。毎日、暖かい食事が届くサービスもあるようですが、現在は冷凍されたものが1週間分届くような宅配サービスが主流になりつつあります。いつでも好きな時に、電子レンジでチンすれば、食べられるという手軽さが長く続けるためのポイントです。そして、肝心な食事内容ですが、高血圧専用の宅配サービスは以下の3つが注意するポイントです。

●塩分コントロール(1日の塩分摂取量が6g以内とされている方は、1食あたり2g以内で選ぶ)
●カロリーコントロール(医師から指導される1日の摂取量から1食あたりのカロリーを決める)
●栄養バランス(栄養バランスの優れたものを選ぶ、その他にたんぱく質制限なども注意)

このように高血圧向けの宅配サービスは、塩分、カロリー、栄養バランスの他にたんぱく質制限など様々な工夫がされています。また、高血圧だけでなく糖尿病を併発していたり、腎臓病を併発している場合の食事メニューが用意されている宅配サービスがあります。

寒い冬は温度の変化に注意が必要

寒い日が続いていますが、そんな日は温度の変化に注意が必要。

血圧は温度の変化によって上がったり下がったりしてしまうので

出来るだけ温度差をなくすようにしないと血管に負担をかけてしまいます。

冬場のように気温が下がり寒くなると血管が収縮してしまうので

交感神経が刺激されて血圧は上がってしまいます。

日常生活の中で気を付ける温度の変化は冬場の入浴時に

暖まった部屋から風呂場に移動した時、洗面所、トイレ、外出から

帰ってきた時など日頃から温度の変化には注意が必要です。

対策としては、お風呂場の脱衣場やトイレにも暖房器具を設置したり

外出時には防寒対策をするなど、出来るだけ温度差をなくすようにした方が良いでしょう。

特に高血圧の人は入浴する際には十分に気を付けるべきです。

暖かい部屋から寒い脱衣場に来ただけでも温度の変化で血管が収縮して

しまうのに服を脱いで風呂場に入るとさらに血圧が上がります。

そして、湯に浸かると血管が開いて血液が一気に血液が流れるので

血管が破裂する場合もあるんですね。かと言って湯に浸かり続けると

開きっぱなしになり血圧が下がり、逆に危険な状態で倒れることもよくあります。

対策としては、湯の温度を40度くらいに設定してあまり長時間

浸からないようにするのいがいいそうです。

あまり熱い湯に浸かったり長時間浸かっていると

大量の汗をかいて血液がドロドロになり、血圧を上げかねません。

高血圧の人は、ちょっとした温度差でも体に悪影響が出る恐れがあるので

室温を出来るだけ一定に保つように心がけましょう。

また、夏場は血圧が安定しているかというと、実はそうとも言えません。

昔と比べて現在は冷暖房が普及していることから

夏場でも温度差が大きくなりがちなんですね。

真夏の日に冷房を低く設定してしまうと急激に温度が

下がってしまうので血圧が上がってしまいます。

冷房の設定温度をあまり低くし過ぎないようにしましょう。

ドロドロ血液をサラサラ血液にするには!

血圧が高くなるのは体内で血流が悪くなる異常事態が発生しているからです。

高血圧患者は、血管が硬くなったり細くなって血液の流れを悪くしています。

そして血液も粘り気をおびてドロドロな状態になって、さらに血流を悪くしています。

この特集ページでは、どうして血液がドロドロになってしまうのか?

そして、血液をサラサラにするにはどうしたら良いのか?具体的な方法についてまとめました。

サラサラ血液に改善して血流を良くすれば血圧を下げることが出来ます。

ぜひ参考にして実生活に取り入れ試してみてください。

■ 血液中の脂質が増える!

油っこい食事やこってりした食事を食べ過ぎることが原因で

血液中の脂質が増えドロドロ血液になります。

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液の約6割を

しめる血しょうという液体成分の中に溶けています。

通常、サラサラである血液も脂質が増えると血しょうの濃度が

高まるのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の糖分が増える!

わたし達が主食としている米やパンや麺類など炭水化物は、

体内でブドウ糖に分解され、その後インスリンというホルモンによって

エネルギーに変換されます。

炭水化物は重要なエネルギー源なのですが、取り過ぎてしまうと

インスリンの働きが悪くなり変換されなかったブドウ糖が血液中に残ってしまいます。

血液中に糖分が増えると赤血球の柔軟性がなくなったり赤血球どうしが

集まってくっつくのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の水分が不足する!

血液の6割は、血しょうという液体成分で、その90%が水分です。

残りの4割が、赤血球・白血球・血小板で構成されています。

血液中の水分が不足すると血しょうの割合が減少します。

つまり6対4でサラサラ状態だった割合が、水分の減少が原因で

5対5とか4対6になるために血球の割合が高まります。

その結果、血液に粘り気がでてドロドロ血液になってしまいます。

■ 生活習慣の中にも原因がある!

この他にもドロドロ血液の原因が生活習慣の中にあります。

喫煙もその一つで、中性脂肪を増やす原因です。

さらに喫煙は血管を収縮させ血流を悪くします。

ストレスも赤血球を増やし柔軟性を失います。

さらに血小板が集まって血液が固まりやすくなります。

また運動は新陳代謝を高めるので血中脂肪や中性脂肪やコレステロールの燃焼に役立っています。

逆に運動不足では代謝が低下するために血液中の脂肪を

うまく燃焼できないためドロドロ血液の原因となっています。

■ まとめ!

以上のようにドロドロ血液になる原因は、食事と運動がほとんどを占めています。

つまり体に悪い生活習慣を長期間に渡って積み重ねた結果としてドロドロ血液となり、

それが動脈硬化を引き起こし、やがて高血圧の原因となっているわけです。

高血圧治療中の患者さんは、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多い筈ですが、

高血圧を本気で治療したいなら、薬に頼って血液をサラサラにしても意味がありません。

薬を飲まなくてもサラサラ血液の健康体を維持することが大切です。