コラーゲンを取るよりケイ素がいいらしい!

海外で売れているサプリメントは、コラーゲンよりケイ素なんだとか?

ケイ素ってなに?と思う方も多いと思いますが、人間に必要なミネラルなんです。

しかもコラーゲンを作るミネラルがケイ素という話なんです。

わたしたち女性は、コラーゲンと聞くと美味しだけじゃく美容にいいから

と理由をつけて、やたらと食べてしまいます。

そして、次の日に必ず言うのです。

昨日はコラーゲンを食べたから、お肌がプルプルになったね!

すっぽんを食べた翌日なんて、みんな綺麗になったと錯覚してしまいます。

でも実は、コラーゲンを食べても、胃の中で消化されちゃうので効果はないそうです。

コラーゲンは体内で作られるものなので、コラーゲンを作るために必要な栄養素を

食べる方がよっぽど効果があるという話がチラホラと聞こえてくるんです。

ほな、その栄養素ってなんじゃいな?・・・

そうそう、それがケイ素なんです。

ケイ素は土壌に多く含まれている成分なので、そのままでは摂れません。

水溶性ケイ素といって、ケイ素をイオン化したサプリメントのようなものが売られています。

ケイ素の中でも、最も人気があるのが、超濃縮ケイ素PFというケイ素です。

ケイ素の凄いパワーを知りたい方は、ご覧ください。

東洋医学って凄いかも?

先日55歳の誕生日を迎えました。とても元気ですが、体のあちこちに

痛みやシビレなどガタがきていると実感しています。

私は高血圧や腰痛、さらには逆流性食道炎など様々な持病をもっています。

月に2回は病院へ通う日々が続いていますが、福辻鋭記さんを知ってから

考え方がガラリと変わりました。というより現代医学に疑問が出てきました。

みなさんは、福辻鋭記さんを知っているでしょうか?

実は東洋医学では、知らない人がいないくらい有名な先生です。

その東洋医学の知識をダイエットや病気の治療に応用して多くの方を救っています。

こんな私も救われた一人なのですが、最初は東洋医学って疑わしい医学と思い込んでいました。

ところが長いこと高血圧の治療をしていて、現代医学に不信感を持つようになりました。

毎月何万円も治療費を掛けて薬を飲んでいるのに

高血圧は一向によくなりません。

もちろん食生活もガラッと変えました。医者の言う通り15kgも減量しました。

毎日30分はウォーキングしていますし、煙草もキッパリ辞めました。

でも血圧が下がることはありません。依然として高いままです。

そんな時に逆流性食道炎になり、病院へ通うことになりました。

胃酸の量を抑える薬を処方され、飲み続けましたが、一向に良くなりません。

2ヶ月が過ぎたあたりで先生から、もっと強い薬に変えようと言われたのです。

病院では、毎回のように検査をしますが、医者は薬を出すだけ!

同じような症状の患者さんと何人も知り合いましたが、

ほとんどの人が症状を改善できずに悩んでいました。

なんだか高血圧も逆流性食道炎も薬以外に治療法はないのかね?

というより医者は、薬を処方するしか方法がないのか?と思った訳です。

この頃、同じ症状の患者さんの中に、症状を改善できた人が現れました。

この方が良くなったキッカケが、福辻先生の教えだったのです。

逆流性食道炎は、胃酸が逆流する病気ですが、だからと言って

薬で胃酸の量を減らすという現代医学は間違っているそうです。

胃酸が逆流する原因は、肥満や猫背など胃を圧迫するような

原因がかかわっていることが、ほとんどなんだとか?

つまり胃酸の逆流する原因を止めるという東洋医学の基本らしいのです。

これって何気に凄いことだと感心してしまいました。