ブロッコリーのスルフォラファンを効率良く摂る食べ方

食べ物

カラダの中で活性酸素が細胞を攻撃することで、さまざまな老化をおこしてしまうと考えられています。

その活性酸素を取り除いてくれるのがスルフォラファンという成分で注目を集めています。

スルフォラファンは、その他にも花粉症や肥満などの予防にも期待できるとさまざまな研究報告がされているそうです。

そのスルフォラファンは食べ物から摂取することができ、圧倒的に多く含まれているのが野菜のブロッコリーと言われています。

ブロッコリーを茹るのはお勧めできない!

ブロッコリーを食べる時、多くの方が茹でて食べるかと思いますが、その調理方法はあまりオススメではありません。

実は、スルフォラファンは、2つの成分が咀嚼することで細胞が壊れて合体してうまれる成分なのですが、その2つの成分には弱点があります。

  1. 水に溶けやすいので流れてしまう
  2. 高温で壊れてしまう

茹でると、水によって溶けだしてしいまい加熱によって壊れてしまうので、2つの成分が破壊されてしまいます。

ブロッコリーのオススメの調理方法は低温で茹でる

ブロッコリーを食べる時は低温で蒸す調理方法がおすすめです。

さらに、同じように活性酸素を除去するビタミンEが多く含まれた食べ物と一緒に食べるとダブルの効果が期待できます。

ビタミンEが豊富な食べ物は、アーモンド、、ピーナッツなどのナッツ類、緑黄色野菜のモロヘイヤや赤ピーマンなどと一緒に食べるといいですね。

ブロッコリーとアーモンドが摂れるコンソメソテー

【材料】

  • ブロッコリー 200g
  • ニンニクスライス 2かけ
  • 赤唐辛子 1/2本
  • コンソメスープの素 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ2
  • アーモンドスライス 30g
  • ツナ缶 オイル漬け1缶

【作り方】

  1. ブロッコリーを食べやすい大きさに切ります。
  2. 蒸器に入れて中火で10分間蒸します。※高温にしない為にフタをしないで蒸しましょう!
  3. フライパンにサラダオイルを入れて、アーモンドを入れて2分炒めます
  4. そこに、赤唐辛子、ツナ缶、コンソメを入れて1分炒める
  5. 火を止めて蒸したブロッコリーを入れて絡めて完成!

容器に入れて冷蔵庫で4日程度保存できます。

パンに挟んだり、パスタに入れて食べると美味しいです。

ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトはスラフォラファンがずば抜けて多い!

ブロッコリースプラウトは、カイワレのような野菜ですが、スラフォラファンの含有量はずば抜けています。

ブロッコリーの7倍も多く含まれていると言われているんです。サラダやサンドイッチなどに入れて生で食べれて、食べる量も少ないのでとても食べやすいです。

スラフォラファンは、体内に3日ほど残って働いてくれるそうなので、3日ごとに食べるといいですね。

大根とお酢を使った万能ダレで動脈硬化対策!

食べ物

大根に含まれるイソチアネートが血管を硬くするのを予防!

大根にはイソチアネートという成分が含まれています。

大根をすりおろした大根おろしを食べると辛いですよね。その辛み成分がイソチアネートです。

イソチアネートには、血管の収縮を緩和する作用があるので血管が硬くなるのを予防する働きに期待が出来ます。

大根に含まれているイソチアネートは他の野菜と比べても圧倒的に多く含まれています。

一緒にお酢も摂取するとコレステロールを分解

血管を硬くしたり、血液を通りにくくしてしまう動脈硬化の原因と言われているのがコレステロールです。

血液中のコレステロールを分解してくれるのに役立つのがお酢です。大根とお酢を一緒に摂ることで動脈硬化予防効果がアップするんです。

大根とお酢を使った万能ダレの作り方

【材料】

  • 大根 200g
  • ニンニク 1かけ
  • しょうが 10g
  • ゴマ油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ5
  • 醤油 大さじ4
  • お酢 大さじ6

【作り方】

  1. 大根は皮をむかないで細かくみじん切りしてボールに入れます。
  2. そこに、ニンニク、生姜、ごま油、砂糖、醤油、お酢を入れてしっかり混ぜたら完成!

冷蔵庫で5日程度保存できます。
シャブシャブにかけたり、冷奴にかけたり、サラダうどんにかけて食べると美味しいです。

トマトのリコピンをより効果的に摂る食べ方

食べ物

近年、人気の食材がトマトです。

私も大好きな野菜ですが、先日、TBSテレビ放送された「名医のTHE太鼓判」医師300人が選んだ食材総選挙!でも7位に選ばれたのがトマトでした。

トマトに含まれている栄養素のリコピンが、私たちの老化の原因である体を錆びさせる活性化酸素と戦ってくれる、抗酸化作用がとても高く老化予防に期待できるので人気があります。

リコピンは、悪玉コレステロール抑えて動脈硬化を予防したり血管の血栓を分解する働き、さらに、免疫機能を高めてガンを予防にもつながるとも言われています。

このリコピンをより効果的に摂る方法をがあります。それは、温めて食べるのがおすすめなんです。

リコピンは、トマトの細胞壁のなかに含まれています。実はこの細胞壁は生のまま食べても破壊しにくい性質なので効率良くリコピンが摂れないそうです。

細胞壁は加熱することで破壊されるので、リコピンが外に出てきて体内によく吸収されるのです。

さらに、リコピンは油に溶ける性質なので油と一緒に摂るとさらにいいそうです。

中性脂肪は体に必要な役割を持っている!

食べ物

健康検診などで行う脂質検査には、血液中の総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロー ルの検査があります。

その中でも、中性脂肪は体内の脂肪の中で最も多く、中性脂肪【TG】数値が高くなると肥満、糖尿病、脂肪肝、高脂血症などを発症するリスクが高くなり、食事や運動など生活習慣を見直すように医師から指示されます。

中性脂肪が多いと体にはよくありませんが、実は中性脂肪は体に大切な役割をしている脂質で、中性脂肪値が低すぎても問題があるのです。

■中性脂肪の体での大切な役割!

エネルギー源になります!
中性脂肪は血液中を流れる大切なエネルギー源になっています。糖質がなくなると、肝臓や脂肪が蓄えられている脂肪細胞の中性脂肪が使われます。

体温を保たせます
エネルギーとしてすぐに使われなかった中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられ、体の体温が失われないようにします。また、外部からの衝撃から内臓や骨などを守っています。

ですが、中性脂肪が増えすぎると血管に負担をかけて傷つけてしまうのです。また、内臓に脂肪がつきメタボンの原因になってしまうのです。

中性脂肪を減らすには糖質の取り過ぎに注意

血液中の中性脂肪が増える原因は糖質の摂り過ぎが関係しています。

炭水化物をはじめ、砂糖や果物に含まれる糖質は、腸でブドウ糖に分解され、すぐに使われるエネルギー源として活動のために使われています。

使われない分は中性脂肪となって貯蓄され、必要な時にエネルギー源に分解され使用されるのです。

炭水化物など糖質を過剰に摂取すると貯蓄する限界を超えてしまうため、血液中の中性脂肪が異常に増えて血液をドロドロにしてしまいます。

増えすぎた中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪になって体内に蓄積してゆきます。これがメタボや肥満の原因になっているのです。

健康診断や血液検査の結果で、中性脂肪値が高い場合には、まず食生活で糖質を多く含む食材を控えるように見直しましょう。

バナナには塩分を排出するカリウムが豊富

食べ物

血液がドロドロになると血液が詰まりやすくなり最悪は脳卒中を発症させてしまうリスクが高くなります。

また、塩分を多く摂ると水分を蓄え血液の量が増え血管が膨らみ圧力がかかるようになり血管にダメージをあたえてしまいます。カリウムは、塩分を体内から排出する働きをしてくれます。

バナナにはそのカリウムが豊富に含まれており、とても手軽に摂取できます。

心臓の働きを活発にする副交感神経が働きだします。そのため、1日の中で最も血圧が高くなる時。その朝にバナナを食べるのがおすすめ!

■効果的なバナナの食べ方
バナナは食べ方によって含まれている栄養を効率良く摂取することができます。

生で食べるとビタミンを損なわないで摂取できます。

乾燥させたバナナチップにすると栄養が凝縮されるのでカリウムを効率良く摂取できます。

冷凍すると抗酸化物質ポリフェノールが高まるという研究があります。

レンジなどで温めて食べると腸に良いオリゴ糖がアップします。

■糖には、ブドウ糖、果糖、ショ糖があります。
血糖値の上昇に影響が出にくいのが果糖です。果糖の構造は複雑で食べた直ぐ後に血液に行かいので血糖値の上昇にあまり影響しないと言われています。

ですが、ショ糖は急激に血糖値を上昇させる糖になります。黄色いバナナはこのショ糖が多いのですが、皮に黒い斑点がでて黒いバナナになるとショ糖が少なくなり果糖が多くなります。

さらに、酵素の量が多くなります。黒い斑点が増えるにつれて酵素の量も多くなります。

■トリプトファンが豊富
バナナにはトリプトファンが豊富に含まれていて、脳内の幸せホルモンセロトニンを増やしリラックス効果をもたらします。

トリプトファンは、セロトニンを作る大切な材料になります。ところがトリプトファンは体内では作る事が出来ません。食べ物摂取する必要があります。

それだけではありません。セロトニンを作るには、トリプトファンのほかにビタミンB6、炭水化物の栄養素が必要になります。バナナにはこの3つの栄養素も含まれているんです。

グルコマンナンは急激な血糖値の上昇を抑える

食べ物

グルコマンナンには、食べ物の消化・吸収を遅らせる働きもあると言われています。

その為、血糖値の急激な上昇を抑える働きにも期待されています。

血糖値の急激な上昇は太りやすくすると言われています。

血糖値の上昇と肥満の関係を簡単に説明すると、私たちが食事をすると、血糖値が上昇します。

私達のカラダは正常な一定の範囲内の数値を保つために、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されるようになっています。

すると、インシュリンは糖質を各細胞に届けて、エネルギーにかえて消費させるように働きます。

そのはたらきによって血糖値が徐々に下がり一定の数値に保たれるのです。

ですが、一度にたくさんの糖質を摂取したりすると、各細胞に糖質を届けても残ってしまいます。

その残った糖質はインシュリンの働きより、脂肪細胞に運ばれてしまい肥満の原因となってしまうのです。

つまり、インシュリンが急激に、かつ大量に分泌され脂肪細胞に運ばれ、その結果太ってしまうことになると考えられているのです。

太らないためには、インシュリンの分泌量を少なくすることが重要なんですね。それには「血糖値を急に上昇させないこと」が大切なのです。

そこでグルコマンナンを活用すると、グルコマンナンは食物繊維なので、食べ物に含まれている糖を包み込んでカラダの外に排出する働きをし、過剰なエネルギーの摂取を抑えたり、糖の消化・吸収を遅らせ、食事をした後の血糖値の急上昇を抑えられると言われているのです。

しかも、余分なコレステロールや胆汁酸を体の外に排出する働きも期待されています。つまり、コレステロールを減らす効果も期待できるのです。

グルコマンナンはこんにゃくに含まれています。ご飯のおかずにこんにゃくを使って調理するといいですね。

高血圧の食事療法とは

食べ物

通常は、病院で医師や管理栄養士から高血圧の食事療法の指導を受けて、食生活の改善に取り組みます。塩分制限やカロリー制限が中心になりますが、肥満解消やメタボ解消など高血圧の原因となる体重をコントロールする目的があります。

高血圧と診断され降圧剤を飲み始めて血圧は安定していますが1年経っても、2年経っても薬を辞められない日々が続きました。毎月のように診察費と薬代が1万円ほど掛かかる上に薬による副作用の心配もあります。また薬を飲んでいるからと言って、脳卒中や心筋梗塞など合併症の危険が回避できる訳でもありません。

薬を飲まなくても血圧値が正常な状態を維持できる健康な体になることが大切です。多くの高血圧患者が、薬を辞めることを望んでいるにもかかわらず・・・いつまでも降圧剤を飲み続けているのは何故でしょうか?

体に悪い生活習慣が原因で、血圧が高くなる体質に変わってしまったのが高血圧症です。体内に血圧を高くする原因があるのに薬で血圧を下げても高血圧を治療できません。薬を辞めれば、元の高血圧に戻ってしまいます。

高血圧を治療するためには、血圧を高くする原因を取り除くことが必要ですが、体に良くない生活習慣が続いたために複数の原因が重なっている場合がほとんどです。極論を言えば、医者でも高血圧の原因を特定することは困難です。だから病院では、薬を処方するだけで、生活習慣の改善は患者個々に任されます。

ところが患者本人が努力を怠ってしまう為に、高血圧患者は一向に減りません。高血圧予備軍を含めば既に4,000万人とも5,000万人とも言われ毎年増加しているのが現状です。高血圧の原因は、人それぞれ違いますが、元々血圧が高かった人は居ないのですから、血圧が正常値だった頃と同じ体質に戻すことが、薬を辞める唯一の方法となります。

私も実際に高血圧食を1年間食べ続けた結果、10kgの減量に成功したものの薬を辞めるほど血圧が下がることはありませんでした。また高血圧に関する書籍を数十冊購入し、降圧作用のある成分を含んだ食品やサプリメントを試したり、高血圧に効くとい言われる食材を食べたりしましたが、全く変化はありませんでした。

その頃、テレビ番組で見たのが断食道場の話です。断食には古来より病気を治す効果が認められていて、2週間の断食をすると血圧値、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、体脂肪など様々な数値が改善されるという特集をやっていたのです。

これを見た瞬間に断食に挑戦しようと決心し、1ヵ月後に断食道場へ入門したのです。入門時に体重測定や血液検査、血糖値測定などを行い、2週間の断食が始まるのですが、減食期間・断食期間・復食期間の3つに分れています。それぞれの期間に重要な意味と目的があり実践するには専門的知識が必要なことが分りました。

断食は最初の3日間は空腹感との闘いです。しかし、4日目を過ぎると何も感じなくなります。さらに4日目あたりから血圧値も血糖値も正常になります。体は軽くなり、空腹感もなく、ぜんぜん眠くありません。眠れないので本を読むと凄いスピードで読めてしまうのです。また読んだ内容をほとんど記憶できてしまいます。感想は凄いの一言です。

水分以外は摂取してないのに1週間ほど毎日排便があります。宿便がすべて排出できました。さらに断食中は体内に溜まった毒素も汗や尿で排出されるので、汗が臭くなります。その為に清潔にするように指導されます。具体的には体を良く拭いて下着を着替えます。また、寒い季節でしたが、風呂は水風呂です。しかし風邪を引くような人は誰一人居ません。これも断食道場では当たり前だそうです。

2週間で生まれ変わった!

このように2週間の断食を終えた時に、私の体は生まれ変わっていました。血圧は正常値、血糖値も正常値、中性脂肪やコレステロールもすべて正常値です。体重は9kgも減りました。それなに体調が良くて、体が軽いのです。

血圧を下げる飲み物とは?

食べ物

血圧を下げる飲み物は、毎日飲めるお茶と意識して飲む特定保健用食品です。どちらも血圧を低下する働きの成分が高血圧を予防します。ここでは血圧を下げる代表的な飲み物と含まれている成分を分かりやすく解説します。

血圧を下げる方法として、食事療法やサプリメントなどがありますが、他にも、飲み物によって高血圧を予防する方法もあります。血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳などの乳製品カテキンが含まれる緑茶などのお茶類、カリウムが含まれるバナナなどの果物やトマトなどの野菜をジュースにした飲み物などがあり高血圧の予防には良い飲み物とされています。

さらに、最近の研究ではココア・コーヒーのポリフェノール・カフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきましたし、黒酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げてくれます。しかし、このような血圧を下げる飲み物は普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

飲み物に入れるだけで血圧を下げる水溶性ケイ素

水溶性ケイ素ってご存知ですか?私達のカラダの重要な部分には、必ず珪素(ケイ素)という成分が存在します。このケイ素は、コラーゲンを作り出すミネラルの一つで、血管や骨や臓器などに多く含まれています。また、髪の毛や肌にも含まれています。

特に高血圧では、動脈硬化により血管がダメージを受けボロボロになっていることが多く、ケイ素は新陳代謝を活性化し新しい血管を作り出す働きをしています。血管が生まれ変われば、血流も良くなり血圧を低下させるという仕組みで高血圧を改善します。

では、ケイ素は、どのように摂ればいいのでしょうか?

現在は、水溶性ケイ素濃縮液がサプリになって発売されています。これをお茶やコーヒー、ミネラルウォーターなど飲み物に数滴垂らすだけで摂取できるようになりました。血圧を下げる飲み物に加えるだけで効果が倍増する言われています。

血圧を下げる効果のあるお茶ベスト5

お茶の種類は沢山ありますが、高血圧に効くお茶には血圧を下げる成分が含まれています。その成分とは、カテキン、サポニン、フラボノイド、タンニン、グリコースなどです。

お茶は、水分補給に毎日飲んでいるものですから、血圧を下げるお茶にするだけで自然と高血圧対策ができるメリットがあります。それでは具体的にどんなお茶が高血圧対策におすすめなのか紹介します。

特定保健用食品ベスト5

では、どうすれば高血圧の予防に必要な量の栄養素を正確に摂取出来るかというと高血圧を予防出来るドリンクを利用すれば良いのです。と言うもの高血圧のことを考えて作られているので一度にたくさんの栄養を摂取することが出来るからです。中には、食事と一緒にこのような血圧を下げる飲み物を取り入れる人もいますし、時間や場所を問わずにいつでもすぐに飲むことが出来て便利です。サプリメントが苦手な人は、高血圧を予防出来るドリンクを飲むことによって栄養不足を補うことが可能になります。

また、昔とは違い最近販売されているドリンクは、味も美味しく飲みやすい物が、増えてきているので、毎日楽しく飲み続けることが出来ると思います。もし、毎日きちんと栄養を摂取することが出来ないと高血圧を改善するのに時間がかかってしまいます。ですから、食生活が乱れている人やサプリメントが苦手な人は、まずは、血圧を下げる飲み物から始めてみることをオススメします。中でも、飲みやすくて血圧を下げる効果が高い飲み物として人気のある今特にオススメしている飲み物をご紹介します。

血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳やカテキンが含まれる緑茶、カリウムが含まれるバナナやトマトなど果物や野菜をジュースなど血圧を下げる作用が認められた特定保健用食品などが多くのメーカーから販売されています。

最近の研究ではココアやコーヒーのポリフェノールやカフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきました。また黒酢や琉球もろみ酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げる飲み物として有名です。このような血圧を下げる飲み物を普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

高血圧におすすめの食事宅配サービスとは?

食べ物

高血圧治療は食事の改善から始めるのが基本ですが、医師や管理栄養士から指導される塩分制限やカロリー制限、さらには栄養バランスなど考えると忠実に実行するのは至難の業です。外食が多い人は、特に食べるものが見つからず何を食べて良いのか悩んでいる人も少なくありません。だからといって自炊も出来ない!そんな方にお勧めなのが高血圧専用に作られた食事(弁当)宅配サービスです。

食事宅配サービスを選ぶ時のポイント
一時期に比べると食事宅配サービスを運営する会社が増えてきました。毎日、暖かい食事が届くサービスもあるようですが、現在は冷凍されたものが1週間分届くような宅配サービスが主流になりつつあります。いつでも好きな時に、電子レンジでチンすれば、食べられるという手軽さが長く続けるためのポイントです。そして、肝心な食事内容ですが、高血圧専用の宅配サービスは以下の3つが注意するポイントです。

●塩分コントロール(1日の塩分摂取量が6g以内とされている方は、1食あたり2g以内で選ぶ)
●カロリーコントロール(医師から指導される1日の摂取量から1食あたりのカロリーを決める)
●栄養バランス(栄養バランスの優れたものを選ぶ、その他にたんぱく質制限なども注意)

このように高血圧向けの宅配サービスは、塩分、カロリー、栄養バランスの他にたんぱく質制限など様々な工夫がされています。また、高血圧だけでなく糖尿病を併発していたり、腎臓病を併発している場合の食事メニューが用意されている宅配サービスがあります。

ドロドロ血液をサラサラ血液にするには!

食べ物

血圧が高くなるのは体内で血流が悪くなる異常事態が発生しているからです。

高血圧患者は、血管が硬くなったり細くなって血液の流れを悪くしています。

そして血液も粘り気をおびてドロドロな状態になって、さらに血流を悪くしています。

この特集ページでは、どうして血液がドロドロになってしまうのか?

そして、血液をサラサラにするにはどうしたら良いのか?具体的な方法についてまとめました。

サラサラ血液に改善して血流を良くすれば血圧を下げることが出来ます。

ぜひ参考にして実生活に取り入れ試してみてください。

■ 血液中の脂質が増える!

油っこい食事やこってりした食事を食べ過ぎることが原因で

血液中の脂質が増えドロドロ血液になります。

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液の約6割を

しめる血しょうという液体成分の中に溶けています。

通常、サラサラである血液も脂質が増えると血しょうの濃度が

高まるのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の糖分が増える!

わたし達が主食としている米やパンや麺類など炭水化物は、

体内でブドウ糖に分解され、その後インスリンというホルモンによって

エネルギーに変換されます。

炭水化物は重要なエネルギー源なのですが、取り過ぎてしまうと

インスリンの働きが悪くなり変換されなかったブドウ糖が血液中に残ってしまいます。

血液中に糖分が増えると赤血球の柔軟性がなくなったり赤血球どうしが

集まってくっつくのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の水分が不足する!

血液の6割は、血しょうという液体成分で、その90%が水分です。

残りの4割が、赤血球・白血球・血小板で構成されています。

血液中の水分が不足すると血しょうの割合が減少します。

つまり6対4でサラサラ状態だった割合が、水分の減少が原因で

5対5とか4対6になるために血球の割合が高まります。

その結果、血液に粘り気がでてドロドロ血液になってしまいます。

■ 生活習慣の中にも原因がある!

この他にもドロドロ血液の原因が生活習慣の中にあります。

喫煙もその一つで、中性脂肪を増やす原因です。

さらに喫煙は血管を収縮させ血流を悪くします。

ストレスも赤血球を増やし柔軟性を失います。

さらに血小板が集まって血液が固まりやすくなります。

また運動は新陳代謝を高めるので血中脂肪や中性脂肪やコレステロールの燃焼に役立っています。

逆に運動不足では代謝が低下するために血液中の脂肪を

うまく燃焼できないためドロドロ血液の原因となっています。

■ まとめ!

以上のようにドロドロ血液になる原因は、食事と運動がほとんどを占めています。

つまり体に悪い生活習慣を長期間に渡って積み重ねた結果としてドロドロ血液となり、

それが動脈硬化を引き起こし、やがて高血圧の原因となっているわけです。

高血圧治療中の患者さんは、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多い筈ですが、

高血圧を本気で治療したいなら、薬に頼って血液をサラサラにしても意味がありません。

薬を飲まなくてもサラサラ血液の健康体を維持することが大切です。