ネギの免疫力UPパワーが凄い!命を救う!?

冬の野菜の代表と言えるネギ。
風邪に効果があると言われていますが、そのネギの健康効果についてNHK『ガッテン!』で徹底的に調査。そのネギに含まれている健康成分の効果や効果的な食べ方について放送していましたのでまとめました。

体温を上げる成分はアリシン!

色んな薬になる植物のことが書かれてある文献「大和本草」には葱の項目があり、そこには「急死した人に葱を男は左、女は右の鼻に、七八寸刺しいれると血を出して甦った」と記載されているそうです。

そこで、ガッテンでは、その効果はネギに含まれている香りが関係しているのではないかと、40年間ネギの機能性を研究してきた通称ネギ博士 日本大学名誉教授 有賀豊彦教授に協力を得て調査をはじめます。

すると、ネギを食べた時より、ネギの香りを嗅いだだけの方がサーモグラフィーカメラをみると体の温度は上昇することが分かりました。

有賀教授の解説によると、香りによる化学的刺激によって血管が拡張して体温が上昇すると考えられるそうです。その刺激となっている香りはネギに含まれているアリシン。

ネギを切ると酵素の反応で刺激のある香りアリシンが生れ、それが空中に出て鼻から入って刺激し血管が拡張して血流がアップしてカラダの抵抗力を高めると考えられているそうです。

なぜ、食べた時よりも切って香りだけ嗅いだ時の方が体温を上昇させる効果があるのか?

実は、切った時に生まれるアリシンは、空気のおよそ6倍重いそうです。そのため、切ったネギを食べても、香りはネギが入っていた器に取り残されてしまうのだそうです。

昔から、ネギを切って手ぬぐいに入れて首に巻くと風邪が治ると言われていましたが、これは香りの効果によって血流が上昇して免疫力を高めていたのではないかと推測できます。

新型肺炎ウイルス「SARS(サーズ)」にかからなかった町の効果的な食べ方!

さらに、番組ではこのアリシンの凄い効果に着目しました。それは、2003年に世界中に広がって大騒ぎになった新型肺炎ウイルス「SARS(サーズ)」。高熱と呼吸困難を伴い最悪は命も奪ってしまう恐ろしウイルスです。中国南部で発生しアッという間にアジア全域に広がり、感染者は8000人、死者は700人を超えたと伝えられています。

中国の各省では数百名単位の数で感染者が出てしまいました。ところが、そんな中、ある町ではSARSの影響をほとんど受けなったかった町があるのです。その町は山東省章丘、ネギの里と言われているネギの産地でネギは町のシンボルなんです。

その町で住んでいる町民は、最低でもネギを2本はネギを食べており、その食べ方がビックリ!なんと生で丸かじりで食べているんです。生のまま丸かじりで食べると、噛んだ時に口の中でアリシンが生れ、そのまま逃すことなく香りが鼻に届くのです。

アリシンは加熱してしまうと生まれてきません。効果的にアリシンを活用するためには、なるべく生のネギを使い、細かく刻むとよりたくさんアリシンが生まれます。こうしたネギの食べ方が体の抵抗力をあげてくれSARSに感染しなかったと考えられているのです。

また、その町の人は生のネギをすり潰して洗剤として使っていたのです。何でも油汚れが良く落ちるんだそうですよ。早速実践してみたい所ですが・・・今は野菜が高騰しているので勿体なくてできません。

日本人が発見したネギに含まれる新健康成分!

肺炎、インフルエンザ、ガン、肝炎を予防するネギの新しい健康成分が見つかったそうです。それを発見したのが農研機構 野菜花き研究部門品質機構ユニット長 上田浩史さん。

ネギの青い部分にあるヌルヌルした粘液を、ある食べ方をすると免疫力をアップさせる働きがあることが分かってきたんです。その食べ方は後程紹介しますが、まずは、その主な働きです。

・唾液に含まれている免疫力を司るIgA抗体の量を1,5アップ。
・血液中に入ってきた細菌やウイルス食べて撃退する免疫細胞マクロファージの働きを5倍アップ。
・ガン細胞と闘うナチュラルキラー細胞を3~4倍アップ。

このような作用があるそうです。※どれくらいの量で効果が出るのかは現在研究中です。

番組では、実際にスタジオにいるゲストに粘液を試食してむらうと「甘くておいしい!」と好評!

スーパーなどで買ったネギを切ってみたら、青い部分にヌルヌルした粘液が無い。こんな事ありますよね?でも安心してください!この場合でも、乾燥しているだけなので、少し水をつけるとヌルヌルした粘液が作られます。

この粘液は新鮮なネギの青い部分にたっぷり含まれており寒いほど増えます。また、この粘液は、先ほど紹介したアリシンとは違い加熱しても冷凍しても効果は変わりません。

免疫力をアップさせるには、粘液があるネギの青い部分を食べる事が効果があります。では、ネギの青い部分にある粘液を使った効果的な食べ方を紹介します。

効果的な食べ方

■ネギ味噌
(1)青い部分を細かく刻む
(2)それをすり潰す
(3)同じ量の味噌を入れて混ぜます
鍋料理の薬味として使ったりしましょう。

■青ネギマヨネーズ
【材料】
・ネギの青い部分 100g
・卵黄 1個
・酢 大さじ1
・サラダ油 大さじ6
・塩 小さじ1
・コショウ 少々
【作り方】
(1)青い部分を細かく刻む
(2)酢と卵黄をフードプロセッサーにかける
(3)サラダ油を3回に分けて入れてフードプロセッサーにかけて調味料を加えて味を調える
野菜やスルメに付けたり、鍋やスープに入れても食べても美味しい。

ネギの賢い保存方法!

番組ではいろんな保存方法を農家などに聞いて実践。最も鮮度を保た状態で保存できる方法を紹介。その方法は、ネギを半分に切って新聞紙で包んでチルド室で保存。

実はネギを横に置くと起き上がろうとして、エネルギーを消費してしまいます。ですが、チルド室で保存すると寒いので呼吸を減らしエネルギー消費を抑えることができるのです。その結果水分量の減少を抑えられるので鮮度が保たれるんですね。

また、チルド室に入れると、ネギは凍らないように反応を起こして糖分を増やすそうです。その為甘みが増えるんだそうですよ。これからは、ネギは新聞に包んでチルド室で保存しましょう。

お風呂での死因の原因と予防方法

寒くなると増える風呂場での死亡。お風呂での死因の原因と言えば心筋梗塞を思い浮かべる方も多いかとおもいますが、意外なことに近年はお風呂での死因は溺死が急増していているそうです。

最新の消費者庁の家庭の浴槽の溺死者の推移によると、2016年までのここ10年間でおよそ約1,7倍も増加していると言うデーターがあり、年間で5,000人が亡くなっているそうです。

お風呂で亡くなってしまう原因の最新情報をTV番組『林修の今でしょ講座』で、入浴医療の第一人者である国際医療福祉大学教授 前田眞治先生が解説。その内容をまとめています。

溺死が増えている原因と予防方法

なぜ、溺死が増えているのか、前田眞治先生の解説によると、お風呂の中で良く眠ってしまうと言う人がいますが、これが、溺死につながりとても危険なんだそうです。

お風呂に入って眠るのは、リラックした神経が働いて眠気を誘いついうたた寝をしてしまうそうです。ですが、この場合は湯船の中に浸かった時点で気が付く事が多いそうです。

ところが、気が付かない間に失神状態になっている人もいて、その場合は湯船に浸かっても気がつかないので最悪なことが起こってしまいそのまま死亡してしまうのだそうです。

失神してしまう原因

湯船で失神してしまう原因には、血圧の変化が深くかんけいしているそうです。

お風呂に入る時の脱衣所は寒くて血管が縮んで血圧が一気に上昇します。その後、湯船に入って体が温まるので血管が広がり血圧がドンドン下がります。

このような急激な血圧の上下の変化は脳に血液を届きにくくしてしまい失神してしまう原因になるそうです。

失神を予防する方法

お風呂場で眠たくなったら失神の可能性があるので湯船から直ぐに出る事が大切。

その他には、湯船に浸かっているときに冷たいお水に桶に入れておいて手をつけると失神を防ぐ事が出来るそうです。

お風呂での死因心筋梗塞の予防方法

お風呂での心筋梗塞を起こしてしまう原因は、寒い脱衣所と熱い湯船の急激な温度差が血圧を変動させ心筋梗塞のリスクを高めます。ですが、最新研究であたらにもう一つの原因が分かってきたそうです。

それは、熱いお湯に入るとその刺激が体に作用して防御反応をおこし血液を固まりやすく働いてしまうのだそうです。その境界線が、42℃以上のお湯に10分間以上入浴すると血液がドロドロになりやすいと考えられているそうです。これって、私も42℃のお湯に10分以上は入っているのですが、私と同じような方は多いのではないでしょうか。

私たちの身体には、怪我をして出血するとその血液を止める働きをしている血小板があります。その血小板は、42℃以上で体を温めると刺激され形が崩れて血が固まり血栓をつくり血管を塞いでしまうのだそうです。

しかも、このリスクは、子供も大人も関係なく同じように起こってしまうそうです。ですので、お湯の温度は、42℃を超えない温度で入浴するようにしましょう。

心筋梗塞のもう一つの原因である温度差ですが、脱衣所に暖房器具を置いて温めたり、先にシャワーを流して浴室を温めて置くなどして温度差を無くすようにしましょう。また、浴室でシャツを1枚脱ぐのも効果的なんだそうです。