ドロドロ血液をサラサラ血液にするには!

血圧が高くなるのは体内で血流が悪くなる異常事態が発生しているからです。

高血圧患者は、血管が硬くなったり細くなって血液の流れを悪くしています。

そして血液も粘り気をおびてドロドロな状態になって、さらに血流を悪くしています。

この特集ページでは、どうして血液がドロドロになってしまうのか?

そして、血液をサラサラにするにはどうしたら良いのか?具体的な方法についてまとめました。

サラサラ血液に改善して血流を良くすれば血圧を下げることが出来ます。

ぜひ参考にして実生活に取り入れ試してみてください。

■ 血液中の脂質が増える!

油っこい食事やこってりした食事を食べ過ぎることが原因で

血液中の脂質が増えドロドロ血液になります。

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液の約6割を

しめる血しょうという液体成分の中に溶けています。

通常、サラサラである血液も脂質が増えると血しょうの濃度が

高まるのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の糖分が増える!

わたし達が主食としている米やパンや麺類など炭水化物は、

体内でブドウ糖に分解され、その後インスリンというホルモンによって

エネルギーに変換されます。

炭水化物は重要なエネルギー源なのですが、取り過ぎてしまうと

インスリンの働きが悪くなり変換されなかったブドウ糖が血液中に残ってしまいます。

血液中に糖分が増えると赤血球の柔軟性がなくなったり赤血球どうしが

集まってくっつくのでドロドロ血液になってしまいます。

■ 血液中の水分が不足する!

血液の6割は、血しょうという液体成分で、その90%が水分です。

残りの4割が、赤血球・白血球・血小板で構成されています。

血液中の水分が不足すると血しょうの割合が減少します。

つまり6対4でサラサラ状態だった割合が、水分の減少が原因で

5対5とか4対6になるために血球の割合が高まります。

その結果、血液に粘り気がでてドロドロ血液になってしまいます。

■ 生活習慣の中にも原因がある!

この他にもドロドロ血液の原因が生活習慣の中にあります。

喫煙もその一つで、中性脂肪を増やす原因です。

さらに喫煙は血管を収縮させ血流を悪くします。

ストレスも赤血球を増やし柔軟性を失います。

さらに血小板が集まって血液が固まりやすくなります。

また運動は新陳代謝を高めるので血中脂肪や中性脂肪やコレステロールの燃焼に役立っています。

逆に運動不足では代謝が低下するために血液中の脂肪を

うまく燃焼できないためドロドロ血液の原因となっています。

■ まとめ!

以上のようにドロドロ血液になる原因は、食事と運動がほとんどを占めています。

つまり体に悪い生活習慣を長期間に渡って積み重ねた結果としてドロドロ血液となり、

それが動脈硬化を引き起こし、やがて高血圧の原因となっているわけです。

高血圧治療中の患者さんは、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多い筈ですが、

高血圧を本気で治療したいなら、薬に頼って血液をサラサラにしても意味がありません。

薬を飲まなくてもサラサラ血液の健康体を維持することが大切です。

塩分が気になる人の宅配食サービスとは

塩分が気になる方は減塩の食事を心がけているかと思いますが、1食あたり2グラムに塩分を制限するのが理想だと言われています。

実際に減塩の食事を作ると手間がかかり大変です。奥様が作るにしても、自分が作るにしても、減塩レシピを考えるだけで疲れてしまいます。特に辛いのは忙しい時や仕事で遅く帰ってきた時など、面倒で作るのも嫌になってしまいます。そんな時に利用すると便利なのが、塩分制限食の宅配サービスです。

宅配サービスの多くが、専門の管理栄養士が栄養のバランスを考え、200カロリーから250カロリーにコントロールしたレシピを考えています。

もちろん塩分も1食あたり2g以内に制限するように作られます。メニューも飽きないように100種類以上用意され、毎回違う味の食事をすることができるのが塩分制限食の宅配サービスです。

頼み方も宅配サービス業者によって様々ですが、7食、14食単位で1週間に1度配達したり2度配達したりと選べるようになっています。弁当は冷凍された状態で配達されるので、食べる時に電子レンジで暖めるだけと手軽に食べられるのもメリットです。

高血圧の宅配食の特徴は以下の3つです。

  1. 塩分が2グラム以内に制限されている
  2. 栄養バランスが考えられている
  3. カロリーをコントロールされている

この3つ要素を満たした食事を自宅で作るには、相当の手間がかかるだけでなく、ある程度の知識と時間がないと出来ません。

宅配食は、塩分のコントロールは1食2グラムの塩分摂取に抑え、さらにカロリーをコントロールしていますので、肥満解消やメタボリックシンドロームを解消にきたいできます。

栄養バランスの良い食事を食べる事は健康を維持するために大切な事です。

宅配食のメリット
宅配食サービスのメリットは、なんと言っても作る手間が省けることではないでしょうか?

私の家でも妻が私のために塩分制限食を作ってくれますが、子供たちの食事と別々に作るために手間と時間がかかり相当苦しんでいるのが現状です。

ハッキリ言って、いつもいつも出来ることではありませんし、時には味が濃いと感じる時もあり、ついつい言い合いになってしまうこともあります。

そんな時に宅配食が冷蔵庫にあれば、問題は解決します。もちろん妻の負担も減るので機嫌も直ります。

だからと言って毎回弁当は辛いので微妙なところでもありますが、ですが、宅配食は病院の食事療法に近い食事を摂ることができます。食事療法ですぐに血圧が下がるわけではありませんが、血圧が高くならない体質改善をするには食事を減塩にするのは必要不可欠な要素です。

宅配食&宅配弁当の食べ方
自宅に届いた宅配食は、冷凍保存して保管します。必要な時に電子レンジで暖めて食べるのですが、基本は「おかず」のみが届けられます。

ですから、主食は自分で用意する必要があります。私が利用している宅配食サービスでは、1食あたり、塩分は2グラム以下、カロリーは230キロカロリー程度です。

そのために主食の米を100グラム単位でラップに包み冷凍して保存しています。ちなみに米100グラムは約350キロカロリーです。

つまり主采と副菜で230キロカロリー、主食で350キロカロリーの合計550キロカロリーが1食の摂取カロリーとなります。

ここで注意しなければならないのが、味噌汁を我慢することです。せっかく宅配食で塩分を2グラムで抑えているのに味噌汁を飲むとオーバーしてしまいます。

また、冷奴や大根おろしなどを小鉢で付ける場合もありますが、醤油を使うと数滴で塩分オーバーとなるので注意が必要です。

高血圧の宅配食のメリットをまとめると・・・

 ●家族や自分が食事を作る手間を軽減できる!
 ●良く味も工夫されているので美味しく食べれる!
 ●献立のバリエーションも多く考える必要がない!

このように管理栄養士がしっかりサポートしてくれるので、手間もかけずに美味しく食事療法を行うことが最大のメリットです。

減塩に最強アイテム『水塩スプレー!』

日本の家庭で食べてる料理と言えば、味噌汁、漬け物、焼き魚、煮物、ほうれん草などのお浸しなど、塩、醤油、味噌など塩分が多い調味料を使った料理が多いですよね。

実は、日本人は塩分を多く摂取する国民と言われているのをご存知ですか?

日本の厚生労働省が定めている1日の塩分摂取量の上限は、男性8g、女性7g。ところが、世界基準(WHO)は5gなんです。いかに日本人が食事で塩分を多く摂取しているのかが分かります。

塩分を多く摂取すると高血圧を発症する原因となってしまう事は多くの方が知っていますが、それだけではなく、塩分を過剰に摂取すると胃の粘膜が破壊され発ガン物質の影響を受け易くなり胃がんのリスクも高くなるそうです。

そんな事もあり、近年、日本でも減塩を意識した食品が数多く販売されるようになりました。ですが、まだ減塩に馴れていない人も多いのではないでしょうか?

減塩する事が健康に良いのは分かっているが、味が薄いと料理が美味しくない!そうお嘆きの方に簡単に減塩できる救世主をご紹介します!それは水塩スプレーです。

この水塩スプレーは、味はそのままで、塩分を5文の1と大幅にカットすることができる優れもの。

作り方は簡単です。お湯100gに食塩25gを入れてかき混ぜます。冷めてから、霧吹きのようにかけられるスプレーに入れるだけです。その塩分量ですが1プッシュで0,05g

通常、おにぎりを作る際の塩分は0,5gも使ってしまうところ、水塩スプレーを使うと2プッシュOK!充分塩分もまんべんなく感じる事ができるのです。

その他にも、枝豆、目玉焼、焼き魚など使い道は色々あります。是非試してみてはいかがでしょうか。

【関連情報】腎臓病の食事宅配ランキング@人気のメニューはコレだ