生活習慣を改善して血圧が下がらない・・・なぜ?

生活習慣を改善しても血圧が下がらない原因!

どんなに生活習慣を改善しても血圧が下がりません。

毎日クスリを飲んでいるのに一向に高血圧は治りません。

いつまでクスリを飲み続けるか不安になったことはありませんか?

わたしの場合は、上が200mmhgを超える重度の高血圧と診断され合併症を起こす危険性が

高かったので強制的に血圧を下げる方法として即日から降圧剤の服用がはじまりました。

もちろん降圧剤で血圧を下げても、一時的なもので高血圧が完治する訳じゃないことは知っていました。

薬の効果で血圧をコントロールしている間に運動療法や食事療法などを行い高血圧の原因であろう

生活習慣の見直しをして血圧が上がらない健康体に改善する必要があると主治医に言われました。

降圧剤の副作用や体に与えるダメージを考えると早い時期に薬をやめるように努力しよと決心したものです。

しかし5年以上経過したのに降圧剤を止めるほど血圧は下がりませんでした。

医師の診断を受け、管理栄養士の指導を受けているのに・・・

なぜ高血圧は完治しないのでしょうか?

一般的には生活習慣を改善すれば、自然と血圧が下がると言われていますが

実際には多くの高血圧患者がダラダラと降圧剤を飲み続けているのが現状です。

そして毎年のように高血圧患者は増え続け厚生労働省の調査では800万人を超えています。

高血圧予備軍を入れれば、4000万人というデータもあるそうです。

医者に診てもらって薬を飲んでも高血圧が治療できないのが患者数が減らない原因です。

つまり治療中に自分の努力が必要なのに薬で血圧が下がるので安心してしまうのです。

多くの患者さんが薬を飲み続けているように私も5年間も飲み続けました。

さらに途中で二次性高血圧まで発症し約60日間も入院する経験までしました。

入院費は軽く200万円を超えています。保健に加入していなかっらと思うと今でもゾッとします。

こんな経験をした私が本気で高血圧治療に取り組み今では薬も必要ないほど改善することができました。

■治療で改善できる高血圧と出来ない高血圧!

あなたの高血圧は、どっちのタイプ?

治療をはじめる前に自分の高血圧のタイプを知る必要があります。

原因から見ると別の病気が影響して血圧が高くなる「二次性高血圧」と

複数の原因が重なり血圧が高くなる「本態性高血圧」があります。

もし、二次性高血圧であれば、他の病気が原因で血圧を高くしているので

病院で検査を受け原因となる病気を特定し治療を受ければ高血圧は完治します。

複数の検査があるので大変ですが、治療後は安心して健康的に過ごせます。

■やっかいな本態性高血圧

高血圧患者の8割以上が本態性高血圧と言われています。

複数の原因が重なって血圧が高くなるので的確な治療ができません。

生活習慣病と言われる理由はここにあります。

病院では降圧剤など複数の薬を処方してくれますが・・・いずれも

高血圧を治療する薬ではありません。

強制的に血圧を下げたり、血液中のコレステロールを減らしたり

尿酸や中性脂肪を抑えたり減らしたりする薬ばかりです。

つまり血圧が高くなる前の健康的な体に戻すことが本来の治療になるのです。

血圧を下げる飲み物とは?

血圧を下げる飲み物は、毎日飲めるお茶と意識して飲む特定保健用食品です。どちらも血圧を低下する働きの成分が高血圧を予防します。ここでは血圧を下げる代表的な飲み物と含まれている成分を分かりやすく解説します。

血圧を下げる方法として、食事療法やサプリメントなどがありますが、他にも、飲み物によって高血圧を予防する方法もあります。血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳などの乳製品カテキンが含まれる緑茶などのお茶類、カリウムが含まれるバナナなどの果物やトマトなどの野菜をジュースにした飲み物などがあり高血圧の予防には良い飲み物とされています。

さらに、最近の研究ではココア・コーヒーのポリフェノール・カフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきましたし、黒酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げてくれます。しかし、このような血圧を下げる飲み物は普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

飲み物に入れるだけで血圧を下げる水溶性ケイ素

水溶性ケイ素ってご存知ですか?私達のカラダの重要な部分には、必ず珪素(ケイ素)という成分が存在します。このケイ素は、コラーゲンを作り出すミネラルの一つで、血管や骨や臓器などに多く含まれています。また、髪の毛や肌にも含まれています。

特に高血圧では、動脈硬化により血管がダメージを受けボロボロになっていることが多く、ケイ素は新陳代謝を活性化し新しい血管を作り出す働きをしています。血管が生まれ変われば、血流も良くなり血圧を低下させるという仕組みで高血圧を改善します。

では、ケイ素は、どのように摂ればいいのでしょうか?

現在は、水溶性ケイ素濃縮液がサプリになって発売されています。これをお茶やコーヒー、ミネラルウォーターなど飲み物に数滴垂らすだけで摂取できるようになりました。血圧を下げる飲み物に加えるだけで効果が倍増する言われています。

血圧を下げる効果のあるお茶ベスト5

お茶の種類は沢山ありますが、高血圧に効くお茶には血圧を下げる成分が含まれています。その成分とは、カテキン、サポニン、フラボノイド、タンニン、グリコースなどです。

お茶は、水分補給に毎日飲んでいるものですから、血圧を下げるお茶にするだけで自然と高血圧対策ができるメリットがあります。それでは具体的にどんなお茶が高血圧対策におすすめなのか紹介します。

特定保健用食品ベスト5

では、どうすれば高血圧の予防に必要な量の栄養素を正確に摂取出来るかというと高血圧を予防出来るドリンクを利用すれば良いのです。と言うもの高血圧のことを考えて作られているので一度にたくさんの栄養を摂取することが出来るからです。中には、食事と一緒にこのような血圧を下げる飲み物を取り入れる人もいますし、時間や場所を問わずにいつでもすぐに飲むことが出来て便利です。サプリメントが苦手な人は、高血圧を予防出来るドリンクを飲むことによって栄養不足を補うことが可能になります。

また、昔とは違い最近販売されているドリンクは、味も美味しく飲みやすい物が、増えてきているので、毎日楽しく飲み続けることが出来ると思います。もし、毎日きちんと栄養を摂取することが出来ないと高血圧を改善するのに時間がかかってしまいます。ですから、食生活が乱れている人やサプリメントが苦手な人は、まずは、血圧を下げる飲み物から始めてみることをオススメします。中でも、飲みやすくて血圧を下げる効果が高い飲み物として人気のある今特にオススメしている飲み物をご紹介します。

血圧を下げる飲み物には、カルシウムが含まれる牛乳やカテキンが含まれる緑茶、カリウムが含まれるバナナやトマトなど果物や野菜をジュースなど血圧を下げる作用が認められた特定保健用食品などが多くのメーカーから販売されています。

最近の研究ではココアやコーヒーのポリフェノールやカフェインなどの栄養素も血圧を下げる飲み物だということがわかってきました。また黒酢や琉球もろみ酢に含まれているアミノ酸も血圧を下げる飲み物として有名です。このような血圧を下げる飲み物を普段の食生活の中で取り入れるとなると、そう簡単には自分で必要な量の栄養素を正確に摂取することが出来ません。

高血圧におすすめの食事宅配サービスとは?

高血圧治療は食事の改善から始めるのが基本ですが、医師や管理栄養士から指導される塩分制限やカロリー制限、さらには栄養バランスなど考えると忠実に実行するのは至難の業です。外食が多い人は、特に食べるものが見つからず何を食べて良いのか悩んでいる人も少なくありません。だからといって自炊も出来ない!そんな方にお勧めなのが高血圧専用に作られた食事(弁当)宅配サービスです。

食事宅配サービスを選ぶ時のポイント
一時期に比べると食事宅配サービスを運営する会社が増えてきました。毎日、暖かい食事が届くサービスもあるようですが、現在は冷凍されたものが1週間分届くような宅配サービスが主流になりつつあります。いつでも好きな時に、電子レンジでチンすれば、食べられるという手軽さが長く続けるためのポイントです。そして、肝心な食事内容ですが、高血圧専用の宅配サービスは以下の3つが注意するポイントです。

●塩分コントロール(1日の塩分摂取量が6g以内とされている方は、1食あたり2g以内で選ぶ)
●カロリーコントロール(医師から指導される1日の摂取量から1食あたりのカロリーを決める)
●栄養バランス(栄養バランスの優れたものを選ぶ、その他にたんぱく質制限なども注意)

このように高血圧向けの宅配サービスは、塩分、カロリー、栄養バランスの他にたんぱく質制限など様々な工夫がされています。また、高血圧だけでなく糖尿病を併発していたり、腎臓病を併発している場合の食事メニューが用意されている宅配サービスがあります。

寒い冬は温度の変化に注意が必要

寒い日が続いていますが、そんな日は温度の変化に注意が必要。

血圧は温度の変化によって上がったり下がったりしてしまうので

出来るだけ温度差をなくすようにしないと血管に負担をかけてしまいます。

冬場のように気温が下がり寒くなると血管が収縮してしまうので

交感神経が刺激されて血圧は上がってしまいます。

日常生活の中で気を付ける温度の変化は冬場の入浴時に

暖まった部屋から風呂場に移動した時、洗面所、トイレ、外出から

帰ってきた時など日頃から温度の変化には注意が必要です。

対策としては、お風呂場の脱衣場やトイレにも暖房器具を設置したり

外出時には防寒対策をするなど、出来るだけ温度差をなくすようにした方が良いでしょう。

特に高血圧の人は入浴する際には十分に気を付けるべきです。

暖かい部屋から寒い脱衣場に来ただけでも温度の変化で血管が収縮して

しまうのに服を脱いで風呂場に入るとさらに血圧が上がります。

そして、湯に浸かると血管が開いて血液が一気に血液が流れるので

血管が破裂する場合もあるんですね。かと言って湯に浸かり続けると

開きっぱなしになり血圧が下がり、逆に危険な状態で倒れることもよくあります。

対策としては、湯の温度を40度くらいに設定してあまり長時間

浸からないようにするのいがいいそうです。

あまり熱い湯に浸かったり長時間浸かっていると

大量の汗をかいて血液がドロドロになり、血圧を上げかねません。

高血圧の人は、ちょっとした温度差でも体に悪影響が出る恐れがあるので

室温を出来るだけ一定に保つように心がけましょう。

また、夏場は血圧が安定しているかというと、実はそうとも言えません。

昔と比べて現在は冷暖房が普及していることから

夏場でも温度差が大きくなりがちなんですね。

真夏の日に冷房を低く設定してしまうと急激に温度が

下がってしまうので血圧が上がってしまいます。

冷房の設定温度をあまり低くし過ぎないようにしましょう。