ブロッコリーのスルフォラファンを効率良く摂る食べ方

食べ物

カラダの中で活性酸素が細胞を攻撃することで、さまざまな老化をおこしてしまうと考えられています。

その活性酸素を取り除いてくれるのがスルフォラファンという成分で注目を集めています。

スルフォラファンは、その他にも花粉症や肥満などの予防にも期待できるとさまざまな研究報告がされているそうです。

そのスルフォラファンは食べ物から摂取することができ、圧倒的に多く含まれているのが野菜のブロッコリーと言われています。

ブロッコリーを茹るのはお勧めできない!

ブロッコリーを食べる時、多くの方が茹でて食べるかと思いますが、その調理方法はあまりオススメではありません。

実は、スルフォラファンは、2つの成分が咀嚼することで細胞が壊れて合体してうまれる成分なのですが、その2つの成分には弱点があります。

  1. 水に溶けやすいので流れてしまう
  2. 高温で壊れてしまう

茹でると、水によって溶けだしてしいまい加熱によって壊れてしまうので、2つの成分が破壊されてしまいます。

ブロッコリーのオススメの調理方法は低温で茹でる

ブロッコリーを食べる時は低温で蒸す調理方法がおすすめです。

さらに、同じように活性酸素を除去するビタミンEが多く含まれた食べ物と一緒に食べるとダブルの効果が期待できます。

ビタミンEが豊富な食べ物は、アーモンド、、ピーナッツなどのナッツ類、緑黄色野菜のモロヘイヤや赤ピーマンなどと一緒に食べるといいですね。

ブロッコリーとアーモンドが摂れるコンソメソテー

【材料】

  • ブロッコリー 200g
  • ニンニクスライス 2かけ
  • 赤唐辛子 1/2本
  • コンソメスープの素 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ2
  • アーモンドスライス 30g
  • ツナ缶 オイル漬け1缶

【作り方】

  1. ブロッコリーを食べやすい大きさに切ります。
  2. 蒸器に入れて中火で10分間蒸します。※高温にしない為にフタをしないで蒸しましょう!
  3. フライパンにサラダオイルを入れて、アーモンドを入れて2分炒めます
  4. そこに、赤唐辛子、ツナ缶、コンソメを入れて1分炒める
  5. 火を止めて蒸したブロッコリーを入れて絡めて完成!

容器に入れて冷蔵庫で4日程度保存できます。

パンに挟んだり、パスタに入れて食べると美味しいです。

ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトはスラフォラファンがずば抜けて多い!

ブロッコリースプラウトは、カイワレのような野菜ですが、スラフォラファンの含有量はずば抜けています。

ブロッコリーの7倍も多く含まれていると言われているんです。サラダやサンドイッチなどに入れて生で食べれて、食べる量も少ないのでとても食べやすいです。

スラフォラファンは、体内に3日ほど残って働いてくれるそうなので、3日ごとに食べるといいですね。

大根とお酢を使った万能ダレで動脈硬化対策!

食べ物

大根に含まれるイソチアネートが血管を硬くするのを予防!

大根にはイソチアネートという成分が含まれています。

大根をすりおろした大根おろしを食べると辛いですよね。その辛み成分がイソチアネートです。

イソチアネートには、血管の収縮を緩和する作用があるので血管が硬くなるのを予防する働きに期待が出来ます。

大根に含まれているイソチアネートは他の野菜と比べても圧倒的に多く含まれています。

一緒にお酢も摂取するとコレステロールを分解

血管を硬くしたり、血液を通りにくくしてしまう動脈硬化の原因と言われているのがコレステロールです。

血液中のコレステロールを分解してくれるのに役立つのがお酢です。大根とお酢を一緒に摂ることで動脈硬化予防効果がアップするんです。

大根とお酢を使った万能ダレの作り方

【材料】

  • 大根 200g
  • ニンニク 1かけ
  • しょうが 10g
  • ゴマ油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ5
  • 醤油 大さじ4
  • お酢 大さじ6

【作り方】

  1. 大根は皮をむかないで細かくみじん切りしてボールに入れます。
  2. そこに、ニンニク、生姜、ごま油、砂糖、醤油、お酢を入れてしっかり混ぜたら完成!

冷蔵庫で5日程度保存できます。
シャブシャブにかけたり、冷奴にかけたり、サラダうどんにかけて食べると美味しいです。